中央大学学員会日野支部

日野支部トピックス

2018年の旅行会「秩父の旅」を催行しました

DSC_2211

ここは中国山西省!?

2018年11月17日、18日、旅行会「秩父の旅」を催行しました。今年は埼玉県秩父地方を巡る1泊2日の旅です。秩父は日野から約100kmと比較的近いため、往復の移動時間が短縮された分、より多くのスポットを巡ることができました。

さて今年はどんな珍道中となったのでしょうか。

隠れ河原 旭のかりんとう 花園工場

DSC_2025

旭製菓 花園工場 直営店

最初に訪れたのは旭製菓の花園工場です。ここでは30種類以上のかりんとうを製造しており、ほぼ全てのかりんとうを試食でき、気に入った味のかりんとうをその場で購入できます。黒糖かりんとうや塩かりんとうといったおなじみのものから、わさびかりんとうやカレーかりんとうといった変わった味のものまで、全部試食するとそれだけでお腹がいっぱいになりそうなほどです。

DSC_2039

かりんとうの試食コーナー

雅紀屋

DSC_2062

雅紀屋

次に向かったのは秩父市の「雅紀屋」です。ボリュームたっぷりのメニューとリーズナブルな価格で、地元の方からも支持されているこちらのお店で昼食をいただきました。

DSC_2075

わらじかつ丼ランチ(くるみ汁に変更)1080円

秩父の名物といえば「わらじかつ丼」。薄くのばしたわらじのようなカツが2枚のった独特な味付けのかつ丼です。写真のセットはくるみ汁のざるそばが付いて、お値段なんと1080円!このセットだけで十分お腹いっぱいになりました。

DSC_2060

アクシデント

実はこの雅紀屋を訪れたときにアクシデントが発生!ベテランドライバーの元幹事長が運転するハイエースが、後退時に駐車場フェンスに接触。ブレーキランプとその周辺を損傷してしまいました。保険加入のため負担はゼロで済みましたが、心の傷はゼロではなかったようです、、、みなさん、乗り慣れていない車両の運転は慎重に。

酒づくりの森

DSC_2099

酒づくりの森 酒蔵資料館前にて

お腹いっぱいになった一行が次に訪れたのは、株式会社矢尾本店「酒づくりの森」。矢尾本店は地酒「秩父錦」を製造する会社で、工場と売店、資料館が一緒になった施設がこの酒づくりの森です。

DSC_2122

試飲コーナーではさまざまさお酒を試飲できます

工場と資料館を見学したあとは、お待ちかねの試飲タイム。矢尾本店で製造されているさまざまなお酒を試飲でき、気に入ったお酒を購入することができました。

秩父ファーマーズファクトリー

DSC_2124

兎田ワイナリー

日本酒のあとは、なんとワイン!?酒蔵の次に向かったのはワイナリー、どんだけお酒飲むの。。。秩父ファーマーズファクトリー「兎田ワイナリー」では地元産のブドウを使ったワインを製造しています。なんでも今年のブドウの出来は、ここ数年で最高なんだそうで、来月には出荷されると聞いて、なんと1ケースも予約して帰ることに。来年のお正月が楽しみです。

DSC_2152

兎田ワイナリーの直売店

道の駅 龍勢会館

DSC_2161

龍勢会館

この日最後に立ち寄ったのは、道の駅 龍勢会館。龍勢とはこの街の伝統あるお祭り「龍勢祭り」を紹介する施設が併設されているため。龍勢祭りは10月の第二日曜日に椋神社例大祭に奉納する神事で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。中をのぞいてみるとアニメのキャラクタらしきものが、最近こういうコラボみたいなの多いですよね。

両神荘

DSC_2176

両神温泉 国民宿舎 両神荘

今回の宿は両神温泉 国民宿舎「両神荘」です。温泉は強アルカリ性 メタほう酸で、長く入っていられる湯あたりしにくい温泉でした。

DSC_2195

秩父錦で乾杯

温泉で旅の疲れを癒したあとは、お待ちかねの宴会です。先ほど訪れた矢尾本店の地酒「秩父錦」で乾杯をして、天ぷらやお鍋に舌鼓をうちました。

ちちぶ銘仙館

DSC_2226

並んで置かれた機織

2日目に最初に訪れたのは「ちちぶ銘仙館」。秩父地方といえば石灰の街というイメージを持つ方が多いと思いますが、石灰の街となる前は、織物の街として栄えていました。その歴史を紹介しているのがこのちちぶ銘仙館です。

羊山公園

DSC_2240

羊山公園展望台から秩父市内を望む

羊山公園といえば春の芝桜が有名ですが、秋に来てみるとひっそりと静まりかえっていて、なんとなくセンチメンタルな気分になりました。旅の最後に秩父の町並みを望む展望台で記念写真を撮りました。

農園ホテル レストラン「秩父路」

DSC_2268

ランチバイキング

旅の最後の食事は、ナチュラルファームシティ農園ホテルにあるレストラン「秩父路」でランチバイキングです。こちらのホテルは農園を経営しており、バイキングでは地元の野菜をふんだんに使った料理を楽しむことができます。

デザートのケーキやアイスクリームも手作りというこだわり。今回の旅行の最後にして、最高のひとときを過ごした一行でした。

今後の旅行会を考えるいいきっかけに

DSC_2200

今年の旅行会は参加者が7名と過去最少となりました。これまで参加してくださっていた方が徐々に参加されなくなり、参加者が年々減少しているためです。

また、今年は人数が少なかったためマイクロバスではなく10人乗りのワゴン車を使用しての催行となりました。行き先も100km圏内と近く、これまでの旅行会とは少し違ったものとなりました。しかし、近くにも見るところはまだまだたくさんあり、ワゴン車を使うことで小回りのきいた旅行ができるということをあらためて実感できました。今回の旅行で得られた成果は、来年以降どのような催行が望ましいのか考えるよいきっかけとなりました。

 

旅行会 2018年

千葉外房の旅 2017年旅行会

ホテルの前で記念撮影をする参加者たち

日野支部の2017年旅行会が11月18日から1泊2日の日程で催行されました。

今年は千葉の外房を巡る旅、さてどんな珍道中となったのでしょうか。

出発~圏央道

午前7時20分、豊田駅北口に集合、一行はマイクロバスに乗り込み、千葉県へ向けて出発。

旅行会のバス

去年と同じバスに見えますが、実は違います。

今回はあきる野I.C.から圏央道を通って千葉県へ入るルートです。土曜日の早朝がどの程度の混雑かと心配しましたが、予定よりも1時間も早く最初の目的地に到着しました。

東薫酒造

最初の目的地は、香取市の東薫(とうくん)酒造。 毎年恒例となっている酒蔵巡り。見学先を毎年探してくる幹事長はすごいです。

DSC_8692

東薫酒造さんの純米大吟醸「叶」は、あの「浅草今半」で提供されているお酒だそうで。1升がなんと1万円以上。普段なかなかお目にかかれないクラスのお酒です。300円で特別に試飲させていただけるということで、試飲させていただきました。やや辛口でキレがあり、とても飲みやすいです。普段ビール党の広報担当者も、あっという間に飲んでしまいました。

魚介料理 万祝

試飲でほろ酔いになったらお腹も空いてきちゃいます。昼食は銚子港にある「魚介料理 万祝(まいわい)」で名物の海鮮丼をいただきました。

トロがのった海鮮丼

名物の厳選素材海鮮丼

海鮮丼以外にもフライの盛り合わせ、サバの味噌煮と次々に運ばれてくる料理たち。こんなに食べて夜は大丈夫なの??

はにわ博物館

マイクロバスに乗った一行が次に向かったのは千葉県山武郡芝山町にある「芝山町立はにわ博物館」。千葉県は古墳が多くとくに芝山町周辺はたくさんの遺跡が発掘されたそうです。ここでは県内の出土品が多数展示されています。

はにわのレプリカ

販売されているはにわのレプリカ

昼から降り始めた雨のせいか、来館者はゼロ。館内撮影可ということで記念撮影しちゃいました。

はにわ博物館で記念撮影する一行

せっかくなのではにわ博物館で記念撮影

いいおか潮騒ホテル

今回のお宿は、旭市の「いいおか潮騒ホテル」です。こちらのホテルは東日本大震災の津波で被災したものの、2年前にリニューアルオープンをし、今では多くの宿泊客で賑わっているホテルです。

乾杯をする参加者たち

温泉につかったあとは乾杯

夕飯は地元の新鮮なお魚をはじめ、天ぷらに、お鍋と盛りだくさんです。お昼に食べ過ぎたせいでやっぱり苦しい。。。

テーブルに並べられたおいしそうな料理

こんなにたくさんの料理、食べきれるかな

屏風ヶ浦

2日目の朝9時にホテルを出発した一行は、銚子の屏風ヶ浦へ。銚子一帯は「銚子ジオパーク」と言われ、自然景観が豊富な地域でもあります。中でも屏風ヶ浦は海の波によって削られた壮大な崖が10㎞にわたって続くスポットで、「東洋のドーバー」とも言われています。

ところが、、、

なんとこの日は「銚子さんまマラソン」の開催日だったため、屏風ヶ浦の遊歩道までマイクロバスで行くことができません。

さんまマラソンってなに??って思いながらも、想定外のイベントのため屏風ヶ浦の観光は断念せざるをえませんでした。

写真も撮ることが出来なかったため、ここで春に広報部長がバイクで行ったときの屏風ヶ浦の写真をご覧ください。

屏風ヶ浦とバイク

広報部長が屏風ヶ浦に行ったときの写真、あくまでメインはバイク

旨い物処 えびせい

2日の昼食は山武郡九十九里町の「旨い物処 えびせい」へ。

毎年旅行会の締めは揚げ物と決まっているようですが、こちらの名物は巨大なエビフライ。エビフライ3尾に刺身が付いた「お得エビフライ定食」1,500円(期間限定)を注文。

お得エビフライ定食1,500円

大きなエビフライ3尾

旅行会の締めにふさわしいこのエビフライの壮大さ。そして、刺身の盛り合わせやナガラミなど、次々と運ばれてくる料理。みなさん、相変わらずよく召し上がります。たくさん食べたと思いましたが、使ってる油がいいのか意外と胃にもたれず完食できました。

帰宅

今回の旅行で要注意ポイントは、帰りのアクアラインで渋滞に遭わないこと。昼食を済ませた一行は、その後の行程も早めに終えて帰路につくことに。アクアライン到着が14時ごろ、渋滞が始まる前に無事に通過することができ、日野に到着したのは15時ごろ。今年は早めに帰宅できたので、参加者のみなさんの疲労も軽減できたのではないでしょうか。

旅行会の写真はアルバムでご覧いただけますので、ぜひお楽しみください。

旅行会 2017年(アルバム)

旅行会の行程表はこちらをご覧ください

旅行会 2017年

旅行会で静岡へ行ってきました

今年の日野支部の旅行会は11月26日からの1泊2日で静岡方面へ行ってきました。

dsc_5492

朝7時20分豊田駅前に集合。今回の参加者は12名です。

dsc_5509

最初の訪問先は富士河口湖町の井手醸造店。江戸時代に醤油醸造をはじめて、現在では10種類以上の日本酒の生産をされています。そして、社長のご子息はなんと現役中大生

dsc_5537

試飲会では大吟醸、純米吟醸など自慢の4種類のお酒を堪能させていただきました。

dsc_5552

1日目の昼食で訪れたのは焼きたてのピザとサラダが食べ放題のお店。

dsc_5567

一行は焼津市内へ移動。焼津さかなセンターでおみやげを買い求めました。マグロもちろん、新鮮な魚介類に、干物や塩辛など目移りしてしまうほど豊富な品揃えでした。

dsc_5585

今回の宿は焼津市内の蓬来荘。居酒屋と旅館の両方を経営されているこちらをなんと貸切ました。

dsc_5588

夕飯では特別に天然のミナミマグロのお刺身を提供していただき、一同舌鼓を打ちました。

dsc_5618

実はこの蓬来荘のご主人が偶然にも中大のOBであることが判明!一緒に記念撮影をお願いしたものの、断られてしまったので、女将さんといっしょに記念撮影。

dsc_5678

2日目は、静岡市清水区にある坐魚荘(ざぎょそう)へ。西園寺公望が建てた別邸を復元したもの。ちょうど紅葉が見頃です。

dsc_5680

ここでも意外な中大つながりが!駿河台の中大の敷地には、もともと西園寺公望の本邸が建っていたそうです。

dsc_5690

2日目の昼食は、清水区内のとんかつ店「五郎十」。こちら1人前約600グラムある特大ロースとんかつ定食。あまりのボリュームに完食できない方が続出!おみやげに包んでいただきました。

dsc_5556

今年の支部旅行は、心配されていた天候もなんとか持ちこたえて、中大つながりの素晴らしさを実感する旅行となりました。

旅行会のその他の写真は、アルバムのページでご覧いただけます。

2016年の旅行会のアルバム