中央大学学員会日野支部
  1. 支部概要
  2. 支部長

支部長

中央大学学員会日野支部の支部長のご挨拶と、歴代支部長のご紹介です。現在の栗山博樹支部長は平成24年に第四代支部長として就任し、現在三期目を務めています。

支部長 栗山 博樹

中央大学学員会日野支部は平成25年に創設30周年を迎えます。この記念すべき30周年を迎えるに当たって、更に本支部を発展させる使命をもって、平成24年6月に新執行部が発足致しました。
当支部は、会員相互の親睦を図るため、1月に新年会、6月に学術講演会・総会・懇親会、11月には1泊2日の旅行会や、そして毎月第2水曜日の夜には、ノミュニケーションを行い、先輩後輩の区別なく談笑しています。

また、地域連携として、6月総会開催日に学術講演会の開催や福祉運動会の支援もしております。

母校の行事にも積極的に参加し、その一つであるホームカミングデーには模擬店を出店するなどしてまいりました。

このホームページでは、これらの活動内容を数日のうちに発信することで、会員のための情報ネットワークになればと思っております。また、このホームページをご覧になった方は気楽にご連絡下さい。参加をお待ちしております。

歴代支部長の紹介

初代支部長 内田 清

昭和59年~平成元年。分会創設から支部創設まで携わる。

第二代支部長 二澤 周治

平成2年~平成15年。現在の当支部会計である二澤英治会員の父。

第三代支部長 鎌田 祐介

平成16年~平成23年。現在は当支部顧問で常任役員。